ストレッチングは膝のお手入れ!

膝が曲げられないと正座ができず、日常生活に支障が生じてきます。また、膝がまっすくイ申びないと、立っているときに膝が不安定で、膝の関節軟骨にかかる負担が大きくなって、軟骨の傷みを悪化させ痛みも増します。膝が曲らない、膝か‘まっすぐ伸びないとし寸症状は、痛いからとあまり膝を使わなくなった結果です。膝関節周囲の筋や健、靭帯などカf短縮して、柔軟性が失われて起こります。

これらの症状にはストレッチンクが有効で‘す。ストレッチンクを続けていると、しだいに膝が柔らかくなって可動域が広がります。膝も以前よりも伸びるようになり、痛みも軽減されます。日常生活で不便さを解消したり、変形性膝関節症の悪化や痛みを防ぐのに、筋力卜レーニンクと同様にストレッチンクも欠かさず行いましょう。

ストレッチングを行う際には、膝の可動域を広げるために、痛みのでない範囲で膝をゆっくりと動かすことが、最も重要なポイントです。たとえば、餅を伸ばすときは、急に日|っ張るとちぎれてしまいますかゆっくり伸すと長く伸びます。それと同様で、膝に拘綿があるときは、ゆっくり曲げたり伸ばしたりすると、もっと深く曲げたり、まっすぐに伸ばすことができるのです。

膝が曲らない、膝がまっすく‘伸び、ないという症状は、関節包や靭帯、筋肉などが短縮するからです。しかし、これらの軟部組織も、時聞をかけてゆっくり伸ばしてし、くと伸びるようになります。その後徐々に軟部組織の柔軟性が戻ってきます。餅をのばすときのようにゆっくりのばしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です