靴選びのポイント

靴を選ぶ際に、知っておくと役立つ知識をいくつか紹介します。パーソナルトレーニングに使用する靴選びにも関係することですので、しっかり覚えておきましょう。

まず、特に知っておいてほしいのは、サイズについてです。どれほど新しくて機能が優れたシューズであっても、サイズが合っていなければ本来の効果を得ることは難しいでしょう。極端な話、サイズが合っていないのならどんなシューズを履こうが関係ないといってもいいかもしれません。しかし、実際には自分ではぴったりだと思ってもサイズの合っていない大きめの靴を履いている人が多いと聞きます。これは、基本的にシューズを足長だけで選んでいることが原因のようです。足の幅が広いと、幅に合わせた長さの靴でないときつくて入らないため、大きすぎる靴を履いている人が多くなるといいます。

また、自分の足のサイズに合った靴を選んだうえで、足の動きということも考慮する必要があるでしょう。内外の動きや、理想的なラインで重心運動ができているかということを意識すると良いと思います。さらに目的やトレーニング内容に適したものであるかも重要です。ランニングのように前にだけ走れるのか、エアロビクスのように横にもステップを踏まないといけないのか、このようなことも加味して選ばなければなりません。

サイズ、動きに合っているか、目的に合っているかという3点を意識して靴選びをすれば、自分に合った一足がきっと見つかると思います。